東大をめざすならいい家庭教師を付けて中学受験に成功させる

我が家の家系は東大出身者が多く、当然息子も将来は東大を目指すのが当たり前になっています。それには中学受験を頑張って、いい私立中学に入り、そこで勉強をするのが一番の早道だと思っています。成績の良い生徒さん達に囲まれた学校生活ならば、自然と勉強をする環境が当たり前になってくるはずです。
そこで、小学校高学年になってすぐに優秀な家庭教師の先生に勉強を見てもらうことにしました。家庭教師の場合は1対1で集中して勉強を見てくれるので、子供の欠点や弱点などの発見が早く、効率的な勉強が出来ます。一般の塾よりも料金がかかりますが、その分効果が高いので決して高価だとは思いません。後はいい家庭教師の先生との出会いが最も重要だと思います。いい先生と言うのは、決して頭のいい先生ではありません。教えるのが上手で、生徒の成績を伸ばすことが出来る先生です。このような先生に出会うのはなかなか難しいのですが、知り合いからの紹介や家庭教師紹介専門会社などを使って根気良く探すといいです。
東大に合格するにはまずは中学受験が入り口だと思っています。中学受験が失敗すれば高校受験があるなどとのんびりしててはいけません。レベルの高い高校は、中学受験よりもさらに厳しく狭き門になってしまうので、よりいっそう入学しにくくなってしまいます。我が家では家庭教師で成績アップし、中学受験に勝利しようと頑張っているところです。